ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦以外の精子卵子を使った体外受精
ついてのニュースです。






**********
日本生殖医学会では、夫婦以外の第3者から提供された
精子卵子を使っての体外受精を認める方針を決めました。






基本的に、
1・自分たちの精子卵子を使って子供を得ることが
できない夫婦が対象となり
2.精子卵子そのものの提供は無償とする
3.交通費や治療費などの実費は補償され
4.生まれた子供が希望した場合、将来誰が提供者かを
告知する
ということが決められました。






日本産科婦人科学会によると体外受精を受けた人数は
1995年からの11年間で3.5倍にもなり約9万4000人に
増えています。






まだ国としての法整備のめどはたっていません。

*********

子供が希望すれば、提供者が誰かを告知するという
ことですが、それは提供者側にもしっかりとした
心構えがないとですね。





告知したことにより、子供が遺伝子的なつながりをもった
親を探しだすかもしれないのです。




たとえば・・・
10年後になってある日、自分の卵子の提供先に生まれた
子供が自分を訪ねてくるかもしれない。






そのときその子供にどのように対処するべきか、
また自分にはすでに夫や子供という家族があるかもしれないし
その家族にはどのように説明をするのか
ということもまでも考えるべきでないかと思います。






また将来、自分が不妊になって悩んでいるときに
自分の血がつながった子供がたずねてきたら・・・
ということも考えられますよね。






私は仕事がら、アメリカで多くの卵子提供者と
接していますが、
彼女たちにこのようなことに対しての心構えを聞くと
「10年後の自分というものはまだどのように
なっているかわからない。
今いろいろなことは決めかねるので匿名でしたい」
というが声が多数です。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。