ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
子供がほしいという友人が最初に不妊治療専門ドクターへの
扉を開けたのが7月だったのでかれこれ5ヶ月になる。






長いようだが、彼女なりに事を進めて
子宮内膜にポリープのようなものがありそれを取り除く
手術を終え良性ということがわかり
先日は、卵管が通っているかの検査を受けた。






「一人だったらこんなに積極的に進んでなかったよー。
りこちゃんが一緒にいてくれたから、ここまでこれたんだよね」
と彼女はいつも言ってくれている。






私はどんどん彼女の背中を押している。
彼女にはのんびり構えている時間はないのだ。







さてさて、この卵管のとおりをみる検査というのは
私も受けたことがあるがとても痛い。
検査の前に痛み止めの薬を飲んだりするが
そんなものは気休めである。






彼女の場合もかなり痛かったそうだ。







結果、卵管は閉じていた。
左は上部でふさがれており、
右は水を入れたときにかなり卵管がふくれたので
下部でふさがっていたようだ。






彼女がなぜ妊娠できないのかが
解明した。






卵管妊娠にいたるための大切な通り道である。
卵子と精子が受精しながら通っていく道である。






彼女はとてもショックだったのだけれど
原因がわかってよかった、と気持ちを切り替えている。
これがわからなかったらいつまでも、
いつか妊娠できるって頑張っていたもんね。







卵管を通すための手術簡単にできるのか
ドクターに聞きたいのだけど
一緒に言ってくれるかな?
一人だと不安」






この先、どう進めていくのかが気になるところだ。
はたしてドクターの意見はどうなのだろうか。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク