ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵管が閉鎖していると判断された友人と一緒に
ドクターの意見を聞きにいった。






「この卵管を通すために手術は可能なのでしょうか?」






卵管を通す手術は30年前であればみんなやっていました。
でも今は体外受精があるので、手術をせずに
体外受精をするほうが簡単なのでそうしています」






「でも体外受精をする前に最初のステップとして手術をする
というのはどうなのでしょうか?」






「一度手術をしたところは、また数ヶ月あとにふさがってしまうことも
よくある。傷口となっているのでそこがつきやすくなってしまうのだよ。
仮に妊娠できたとしても、卵管の中で妊娠してしまうケースが
少なくない」






「では先生はこの卵管を通すという手術を勧めないのですか?」






「どうしてもして欲しい、というのであれば別ですが
勧めません。のちに起こりえること、かかえるリスクを考えたら
体外受精をした方がいいのではないでしょうか」






「でも先生、体外受精は主人の精子が必要なんですよね?」






「精液検査をしましょう、オーダーを書いてあげますから
検査機関に行って調べてもらってください」






「はあ・・・」






と、ドクターがオーダーを書いている最中に、
「でもこれは主人がそこの場所に行かなければならない
のですよね・・?」






彼女、ご主人はきっとそんなものを渡されても行かないと
いうのだ。






彼女はまだ体外受精に踏み切れない理由があった。
再婚したご主人があまり子供を欲しがっていないのだ。
前妻との子供がいたり、仕事が忙しいという理由で
そこまでして・・・という気持ちが彼にはあるようだ。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク