ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「でも、ご主人には今、だましだまし精子
とってもらって調べることも
今後、彼が体外受精を拒否するのであれば
まったく意味のないことになるよね?」






「そうなんだよね、わかっているよ」






「よく話合わないと。39歳なんだから
今はまだ、なんていってられないことも
充分伝えてわかってもらわないと」






そして突然彼女は
「子供ほし~いよ!、体外受精した~いよ!」
と悲しそうに私にうったえた。






「そうだよね、私もそうだったよ。
ちょうど同じ39歳のときに
私も体外受精を始めてしたっけ。」





「1回だけでもいいからしてみたいよ」







「そうだ!彼に1度だけ、やらせてっていうのはどう?」






「それもいい考えだね・・・」






「とにかく、お願いしてみなよ。」






彼女がこのまま、子供を持つという夢を閉ざされてしまうのは
かわいそうである。





なかには、相手と子供を持つことに対しての価値観や気持ちの違い
などから違う人と第2の人生を考えてもいいのではないかと
真剣に考える人もいる。






他の親しい友人でも、このような状況に置かれている人がいて
こちらのケースはご主人側が子供がどうしても欲しいといっている。






夫婦の関係までは私が入っていくことはできないので最後は
夫婦での話し合いでしかないのである。






自分が不妊という問題と立ち向かっているところに
加えて、相手側の無理解とも立ち向かっていかないと
いけないってつらいよね。





ということで、私はしばらくといっても
ちょっとだけ彼女たちの話し合いの結果を
待つことにした。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。