ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
ご主人が精子採取にと奥の部屋に入られた後
私はご夫婦からの手紙を開きました。






そこには、とても小さな字でびっしりと丁寧に書かれた
文字が並んでいました。






「りこさん、今までのあなたのやさしさとサポートに感謝しています。
全てがスムーズにかつ、時間通りに進めたことをうれしく思っています。






あなたのサポート(ドナーの方に薬を届けてくれたり、
ドクターのところに彼女と一緒についていってくれたり)
は私たちが期待していた以上でありました。






なぜ、どのドナーを選ぶかということより、どのエージェンシーを選ぶか
ということのほうが重要だといわれているのかが
今わかりました。






・・・・・私たちが親になるという希望を与えてくださり本当に
有難うございます。」







ひとつの生命が受精によって誕生するというこの日、このような心温かい
手紙を頂き、本当に胸があつくなりました。
病院の待合室でぐっと涙をこらえました。






カップルから卵子提供の依頼を受けてから数ヶ月、ドナーの方とドクターと
一緒に、みんなで大きなプロジェクトを成功させるために
頑張ってきました。






小さいけれど力強い命が、着床することをお祈りしています。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク