ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ カリフォルニア州での八つ子を産んだ
33歳の女性が初のテレビ出演。





U-Tubeで見ましたが、インタビュアーからは
とても批判的な態度で質問をなげかけられていました。
テレビ出演はこちらから






彼女には夫がいなかったんですね。
びっくりしました。
14人をひとりで・・・?
精子ドナーは既にいる6人の子供の遺伝子的
父親と一緒だそうです。





世間からは”とても自分勝手な責任感のない親”というように
見られているのよ。
みんなをサポートできるだけの、確定した収入源がないのに
一体何を考えて、この世に8人の子供を誕生させたの?
と強く言われています。





が、負けていませんねえ。






結局彼女は6個の受精卵を移植し
8人生まれたわけなのですが
多胎妊娠については
「リスクをとった。ギャンブルしたのよ」
とさらっといいのけています。






彼女にとっては、生死をさまようかもしれない
といった覚悟ができていたと思いますが
もしも、14人の子供を残して
自分だけ死んでしまったら・・・ということは
考えなかったのでしょうか。





そう考えるとぞっとします。
生きていたからよかったものの、もし亡くなってしまったら
やはりドクターの倫理観がつつかれるでしょうね。





それにしても、6個の受精卵から8人生まれたって
いうのだから、すごい着床率。
前回6人生まれたときも6個の受精卵を入れたって
言ってました。
これも100%の着床率。






子供が出来ないで体外受精したというより
ただたくさん子供が欲しいので
誘発剤うっていたのでしょうね。






ひとりがなかなか授からない人もいれば
一度に8人も授かる人がいて
なんて、不公平なんでしょうねえー。


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。